保険営業の確定申告・保険営業のQ&A!

保険営業の確定申告・保険営業のQ&A!

Question(質問)

私は、生命保険の外交員を2年ぐらいしていました。
年収が約114万円で、社会保険料は約13万円、源泉徴収課税は1603円(所得税)です。

住民税が天引きされていないので、確定申告したらまとめて払うのでしょうか?
4月から、年収300万を目指し正社員への転職を考えているので、今年の税金を安くするためにはどうすれば良いのでしょうか?

Answer(答え)

生命保険の外交員の収入は、会社員(サラリーマン)の給与とは違います。
つまり、商売をしている自営業の方と一緒という意味です。

会社員であれば、自動的に65万円の控除(差し引き)がありますが、生命保険の外交員の場合、必要経費の証明をしなければなりませんので確定申告をおすすめします。

収入から、必要経費を差し引いたものが所得になりますので、社会保険料や、生命保険料、個人年金保険料、基礎控除を差し引いた残額(課税所得)に対し、税率をかけて、納税する税金の額が決まります。

確定申告をすれば、自動的に住民税にも反映されますし、加入していれば、国民健康保険料にも反映されます。

又、青色申告にすると、記帳方法によって最大55万円の青色申告特別控除など税制上の特典があります。

青色申告の特典と申請方法は、近くの商工会議所へ行くと、記帳や経費についての指導や相談を無料で受けられます。

初めての場合は、何がなんだかわかりませんが、やってみると意外に簡単です。
確定申告は、老若男女問わず誰でもできるようになっています。