保険営業の求人・保険営業のQ&A!

保険営業の求人・保険営業のQ&A!

Question(質問)

求人情報誌などで生命保険会社がライフコンサルタント(個人・法人)など営業社員を募集されていますが、やはり縁故を頼っての営業が主になるのでしょうか?

それとも会社から顧客情報いただいてアプローチする形になるのでしょうか?
後者でしたら、飛び込み営業をする覚悟はしています。

前者になると数も限られますので長く続けることは難しいと思っております。
色々と生命保険業界のことについてご回答をいただければ幸いです。

Answer(答え)

まず、営業方法は、職域担当かそうでないかによっても決まってきます。
職域担当は、生命保険会社から担当の会社をもらって、その会社へ営業に行きます。

そして、新規契約を取るのですが、初めのうちは、人間関係というか、お互いの信頼関係を築くために仲良くなりに行く感じです。

全く何も面識のない家への飛び込み営業も行いますが、ほとんど契約を取れることはありません。

自分で基盤が出来るまでは、契約は取れないと思っておいたほうがいいでしょう。
当たり前ですが、営業職ですのでノルマはあります。

そのノルマを達成できないと、給料も上がらないどころか減給になります。
どちらにしても、生命保険の仕事は新規契約あってのことです。

生命保険業界を取り巻く環境は厳しいものがありますし、日々のニュースから、この業界に対して顧客側は神経質になっています。

有形の販売も難しいものですが、無形の物を販売するには覚悟と努力が要求されます。一般相手、法人相手にしろ人間関係の信頼を築き上げる時間が必要です。

求人広告に書いてある、月収100万円とかの数字は、営業成績が良かったらの話です。つまり、楽をしてお金儲けができるなんて考えは持たないで下さい。