お客さんと営業マンをつなぐものは何か?・保険営業ノウハウ

お客さんと営業マンをつなぐものは何か?・保険営業ノウハウ

売れる営業マンになるコツと保険営業ノウハウ! その3

営業の仕事を始めると、慣れるまでの間は、お客さんの目が気になります。
なぜなら、お客さんから信頼できないと売れるものも売れなくなるからです。

初対面のお客さんは、営業マンのどこを見ているのでしょうか?
身だしなみ、話し方、商品知識などが浮かんでくると思います。

これらの事は重要なのですが、もっと大事なことがあります。
それは、「波長」です。

もちろん身だしなみや話し方、商品知識は大事なのですが、波長の合ってないお客さんと契約に至ることはないと思います。

類は友を呼ぶと言いますが、営業マンとお客さんの関係も同じなのです。
今、あなたが営業マンであれば、自分のお客さんを思い浮かべてください。;

きっと、あなたと波長があう人がお客さんだと思います。
では、波長の合わないお客さんはどうすれば良いのか?

個人的には、無理をしてお客さんになってもらうより、波長の合うお客さんを見つけるほうが長い目でみるとプラスになると思います。

理由は単純ですが、営業マンの足を引っ張るお客さんというのは、波長の合わないお客さんが多いからです。

相手に悪気があるのかわかりませんが、このような自体を防ぐ為にもできるだけお客さんに主導権を握られないようにしましょう。